「早期梅毒」と「晩期梅毒」

性病は、初期症状がほとんどあります。我々は出た初期症状を判断すことができますが、梅毒は性病の一つとして、初期症状があまりありません。梅毒は慢性進行病ですから、少しずつ人体で積み重ねて、増殖していきます。ある程度で、症状が出ます。自覚症状はあまるあるませんので、潜伏期とともに、悪化するリスクがあるのは事実です。今回は皆様が梅毒について正しい認識を望ましいため、皆様の健康のために「早期梅毒」と「晩期梅毒」に関わることを普及しましょう。
梅毒の特徴と言えば、ほかの性病とは少し違っていて、感染してからの時間の経過とともに段階的な病状が進行していくということです。そして、その段階が「一期、二期、三期、四期」と分かれているのです。そして、そのうちの一期と二期は「早期梅毒」三期と四期は「晩期梅毒」と呼ばれています。

梅毒の第一期(初期症状)
まず梅毒には多くの性病と同じで、潜伏期があります。その潜伏期間は幅広く「1~13週間(平均3~4週間)」あり、その後に初期症状が感染後から一週間〜三ヶ月くらいに体に現れます。その初期症状は小さな赤い隆起である「初期硬結」と呼ばれます。そして、潰瘍である「硬性下疳」もあります。または、「リンパの腫れ」の状況もあります。当然に個人によって異なります。

梅毒の第二期
梅毒の初期症状のうちに、抗生物質などを服用してしっかりと治してしまえば、第二期に以降することはありませんが、しかし、放置してしまうと第二期に病状が進行してしまい、感染から3ヶ月以降〜3年くらい出ます。第二期になると病状は部分的にではなく、全身に症状が現れ始めます。第二期症状(バラ疹)の特徴は皮膚に出ることです。バラ疹は全身(顔、首、胸、腹、背中)の皮膚や粘膜に約1〜2cm程度の薄い赤から赤紫色のようなブツブツしている発疹のことを示します。個人差による手や足に出る場合もあります。

梅毒の第三期
梅毒の第三期の発症症状はゴム腫の特徴があります。そして、発症梅毒の第三期では、全身くまなく回った梅毒の病原菌が皮膚だけでなく、内臓、筋肉、骨などまで犯し始めます。固いしこりやこぶ状の腫れを形成し、周辺の組織を破壊し始めます。また、このほかにも大きな潰瘍を皮膚現れたり、全身の血管の炎症が著しくなる、さらに「神経梅毒」という脳や脊髄に損害する状況でも出き、本格的に生命が迫ってきます。

梅毒の第四期
梅毒が進行していき末期の状態である第四期となると感染から10年〜25年をかかります。実は、この状態まで行き、命を失った人も多かったのではないかと言われております。脳障害、歩行困難により日常生活が困難になります。そして、梅毒の第四期になると全身の血管や神経をどんどん犯し始めて、大動脈瘤を形成したり、脳神経も犯して、歩行困難な状態や痴呆等の脳障害も現れ始めます。正直言えば、この状態で、死を待つのみとなります。

以上の話から見ると、梅毒あるいは性病を感染すれば、治療を受けるタイミングがとても重要です。小さい病状でも放しておきないでください。多くの人は恥ずかしいから、最高のタイミングを失い、残念な結果が出る場合もあります。早めに病院へ行き、専門の診察・治療を受けることが大切なんです。そして、治っても油断してはならない。ある性病の再発率が高いので。