尖圭コンジローマの感染経路について

尖圭コンジローマの感染経路として、まず考えられるのが性行為です。尖圭コンジローマの感染者と性行為を行った事による感染率は、およそ60~70%と非常に高確率で感染します。

気を付けなくてはいけないのが、たとえオーラルセックスであっても、十分に感染経路になるという事です。
主に性器にイボのような腫瘍を発生させる症状で知られている尖圭コンジローマですが、口や喉にも感染する事があります。
つまり、性器から口、口から性器にも触れ合う事で、尖圭コンジローマは感染してしまうのです。

セックスパートナーが複数居る場合は感染経路の特定が難しくなります。尖圭コンジローマは感染してから発症するまでの潜伏期間のある性病です。

潜伏期間は長いと3カ月以上になる事もあり、その間に複数人の相手と性行為をした場合には、誰からうつされたのか感染経路の特定が難しくなります。

特に女性であれば、尖圭コンジローマの症状が膣内にできていると、目視できない為に気づかない事も多くなります。
尖圭コンジローマは痛みやかゆみなどの自覚症状もないので、これら無自覚の感染者の存在が感染経路を増やしている一因です。

尖圭コンジローマの感染経路性行為だけではないです。

「ここ数年性行為なんてしてないのに、なぜか尖圭コンジローマを発症した」このように感染経路にまるで心当たりがないのに、突然尖圭コンジローマが発症したという事例もあるのです。実は、尖圭コンジローマの感染経路は、性行為だけではないのです。

尖圭コンジローマのウイルスは、粘膜同士の接触で感染するものなので、空気感染はしません。しかし、ごくまれに、感染者の感染部分が触れたものにウイルスが付着し、そこに別の人が粘膜を当ててしまう事で、間接的な感染経路ができてしまう場合もあるのです。

ごくまれではありますが、間接的な感染経路になり得るものとして以下が挙げられます。

♦ウォシュレット
♦大衆浴場のイス、湯船のふち
♦使いまわしのタオル

これらの感染経路で、実際に尖圭コンジローマになる人は極めてまれですが、完全に無いとは言い切れません。特に粘膜が傷ついていたりして、免疫力が弱まっている状態だと感染率が上がります。また、母親が尖圭コンジローマを発症している状態で、出産をすることで母子感染をしてしまう事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です