コンジローマ感染症どうやって判断、その症状を解析

コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス (HPV) に感染して起こる性感染症です。また、尖圭コンジローマとも言います。ヒトパピローマウイルスは良性のものと悪性のものという二種類がありますが、コンジローマは良性のヒトパピローマウイルスによって発症する性感染症ですが、悪性ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんを引き起こす重要な原因とされています。

コンジローマの感染経路について、人の皮膚や粘膜の傷がHPVに接触すると、感染することができますから、それで、性行為によって感染する可能性が高いと言われています。性行為の他には、オーラルセックスで口へ感染することもあります。

コンジローマの症状と言えば、感染すると、1~2ヶ月ほどの潜伏期間ののちに感染した部位にイボができます。 性器とその周辺、肛門、足の付け根部分などにでき、口に感染した場合には唇や口の中にできることもあります。 このイボは痛みを感じないことが多く、見えない部分にできると発見が遅れることがあります。コンジローマの病状が進行するとともに、イボはだんだん大きくなり、数も増えていくことになってしまいます。

このイボは大きくなったり、そのまわりに同じような同じ症状がたくさんできたりすることが多く、 一度治療を行っても再発する可能性があります。 イボが成長すると鶏のトサカやカリフラワーのような形になるのが特徴です。