コンジローマの原因

コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス (HPV) に感染して起こる性感染症です。また、尖圭コンジローマとも言います。コンジローマを引き起こすタイプのHPVは、主にセックスやそれに類似する行為により、皮膚や粘膜にある小さな傷に侵入して感染します。また感染してもすぐにイボをつくるわけではなく、3週間~8ヵ月くらいの潜伏期間を経て、コンジローマを発症させるといわれています。

(HPV:人乳頭腫ウイルスが原因となり、接触によって皮膚や粘膜の小さな傷から侵入し3週から数ヶ月の期間の後、膣内部にかゆみや痛みなどの症状があり、大小陰唇、膣前庭、膣、周辺に腫瘍ができ、また肛門の周囲や尿道口にもイボができることがあります。イボは手術で取り除くことはできますが、ウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、再発する可能性が高い性感染症です。妊婦の方は妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。

この原因ウイルスに感染した人がすべてすぐに発症するわけではなく、ウイルスが体内に潜んでいるだけの人がかなりいるといわれています。そのため、うつされた相手がはっきりしない場合も多くみられます。

尖圭コンジローマは感染してもほとんど無症状の期間が長いため、セックスパートナーが多い場合は、誰から感染したかも特定が難しい場合があります。パートナーが増えるほど感染・発症のリスクが上がり、また自分が感染源になることも知っておく必要があります。