コンジローマ・梅毒の感染経路と治療

コンジローマについて
コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス (HPV) に感染して起こる性感染症です。また、尖圭コンジローマとも言います。ヒトパピローマウイルスは良性のものと悪性のものという二種類がありますが、コンジローマは良性のヒトパピローマウイルスによって発症する性感染症ですが、悪性ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんを引き起こす重要な原因とされています。

コンジローマの感染経路について、人の皮膚や粘膜の傷がHPVに接触すると、感染することができますから、それで、性行為によって感染する可能性が高いと言われています。性行為の他には、オーラルセックスで口へ感染することもあります。

コンジローマの症状と言えば、コンジローマがよく発症する部位は男女とも、肛門及び周辺部、尿道口です。具体的に言えば、女性の場合は、膣内部にかゆみや痛みなどの症状があり、大小陰唇、膣前庭、膣、周辺に腫瘍ができ、また肛門の周囲や尿道口にもイボができることがあります。男性の場合、亀頭、陰茎、冠状溝、包皮の内側・外側、陰のう、会陰に淡い紅色や褐色の乳頭状、鶏冠状のイボができます。しかし、かゆみや痛みを伴うことが少ないです。コンジローマの病状が進行するとともに、イボはだんだん大きくなり、数も増えていくことになってしまいます。

コンジローマの治療は、外科的治療と薬物治療という二つの治療方法がありますが、今の人気があるコンジローマの治療薬はアルダラクリームです。アルダラクリームはヒトパピローマウイルスに対しての免疫力を高めることができて、ヒトパピローマウイルスの増殖を抑制する働きがありますから、コンジローマの治療に優れた効果があります。

梅毒の基礎知識
梅毒は梅毒トレポネーマという細菌に感染してもたらされる性感染症です。梅毒の感染経路は主に、性行為を通して感染すること、また母子感染という二種類があります。梅毒にかかると、症状のない場合もあれば、症状のある場合もあります。前者は潜伏梅毒と言い、後者は顕性梅毒と呼ばれています。

それで、梅毒の症状というと、顕性梅毒の症状をさします。梅毒になると、最初は性器の痛みや痒みという症状があり、また初期硬結もよく見られている症状とされています。初期硬結は性器周辺にリコリとして小さな赤い隆起のことで、硬結部位を中心に潰瘍が生じる場合、硬性下疳といい、初期硬結と硬性下疳は梅毒の目立つ症状です。

梅毒を完治するために、体内から梅毒トレポネーマを除去することは必要です。それは今の医学技術にとって難しいと認められています。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較